お問い合わせ

Webシナリオ監視のタイムライン表示機能を更新しました

概要

タイムライン表示機能は、シナリオ実行の各ステップの実行時間に比例した長さの棒グラフを階段状に表示することで、どのステップでの実行時間がかかったのかを直感的に認識できる機能です。2018年8月に提供を開始しました。(ブログ: Webシナリオ監視にタイムライン機能を追加)
このたび、タイムライン表示のグラフ上にログ情報を表示する機能を追加し、また、より視認性を向上させる更新を行いました。

更新の内容

各ステップごとの詳細情報をポップアップで表示します

各ステップのタイムラインをクリックすると、クリックした行のコマンド実行についての詳細情報をポップアップで表示する機能を追加しました。ポップアップには、各コマンドの実行所要時間、コマンドの引数、コマンドの実行結果等、ログに記録される情報がすべて表示されます。

これまでタイムラインで表示されている各ステップのログを参照する場合には、その都度、画面を下にスクロールして、ログの中で対応している行を探す必要がありました。このため特にステップ数が多いシナリオではタイムラインとログの対応を突き合わせる作業が煩雑でした。
今回の更新によりタイムライン表示の中だけで各ステップの実行ログを確認できるようになり、この煩雑さを解消いたしました。

タイムライン表示中のコマンド名と凡例は常時表示されるように改善しました

これまでタイムライン表示を右や下にスクロールすると、左端に表示されている各ステップの実行コマンドや凡例も一緒にスクロールされてグラフ表示上から隠れてしまっていましたが、今回の更新で、スクロール位置に関わらず、常時、コマンド名と凡例を表示するよう改善しました。

特に、ステップ数の多いシナリオの後半部分のタイムラインの表示中に実行コマンドを確認する場合には、その都度、左右にスクロールしなおす操作が生じてしまいご不便をおかけしていましたが、この問題を解消いたしました。

不具合修正

  • 凡例の色とタイムラインの色が一致していなかった不具合を修正しました
  • firefox でツールチップが表示されない場合や、行の強調表示がされない場合がある不具合を修正しました

おわりに

Webシナリオ監視サービスの料金や導入フロー等は、Webシナリオ監視のサービス紹介ページに詳しく記載しています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

Webシナリオ監視サービス

【Webシナリオ監視サービス】
お客様の Webサイトの一連の操作をユーザ視点で自動監視する、クラウド型監視サービス。「実際のWebブラウザ(Chrome, Firefox, IE)やAndroid実機を利用」し、オンラインショップであればログインして商品を購入するまでのWebブラウザを使った一連の処理の流れを、定期的にトレースして監視することができます。詳しくはこちらから。

ご相談・お問い合わせはこちらから

サービスについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5946-8400 平日 10:00 - 18:00
page top