お問い合わせ
資料請求

初めての方へ

目次

提供の仕組み

Pandora FMS Enterprise SaaS は、監視ツールの Pandora FMS Enterprise をベースに、弊社独自の拡張を加えて SaaS として提供するサービスです。
監視システムは弊社が管理し SaaS 提供しますので、お客様自身で監視サーバーを構築する必要やそれをメンテナンスする必要もありません。

監視コンソールはお客様ごとに提供します。監視対象ノード(サーバーやネットワーク機器など)と監視システムとの間の必要な通信ができる状態になれば、すぐに監視設定・監視の開始が可能です。

必要な通信許可設定

Pandora FMS Enterprise SaaS を利用するには、監視システムと監視対象の間で監視に必要な通信ができる状態にする必要があります。Pandora FMS Enterprise SaaS では、次の 2通りの監視方法があります。

  • ソフトウエアエージェントを利用して、監視対象から監視サーバーへデータ送信(エージェントからのプッシュ)
  • 監視サーバーから、監視対象に対してアクセス(http, snmp 等によるポーリング)

それぞれに必要な通信要件を以下に示します。

エージェントからのプッシュ

監視対象サーバーに Pandora FMS のソフトウエアエージェントをインストールした場合、エージェントが監視サーバーへデータを送信する動作をします。
送信先の IP アドレス、ポート番号は、お客様ごとに指定させていただきます。監視対象サーバーからインターネットへ出る通信が許可されている環境であれば特別な設定は必要ありません。インターネット向けの通信を制限している監視対象サーバーの場合は、該当の IP アドレスおよびポート番号宛の通信が通るよう、ファイアーウォール等を調整ください。

http, snmp 等によるポーリング

監視システムからポーリングによる監視設定を行う場合は、インターネット側から監視対象に対して該当の通信が通るようにファイアーウォール等を設定ください。
監視サーバーが監視対象に対してポーリングによりアクセスする場合の発信元 IP アドレスは別途ご連絡します。アクセス元を制限したい場合は、そちらのアドレス発の通信に限定した許可設定を行います。

用語集

Pandora FMS Enterprise SaaS で使われている代表的な用語を以下にまとめます。より詳細については、Pandora FMS の公式ドキュメントサイトを参照してください。(Pandora FMS Enterprise SaaS で使われている用語は Pandora FMS と同一です。)

管理・監視・情報収集対象の呼び方関連

管理・監視対象機器(サーバーやネットワーク機器など)に対しては、次の用語を利用しています。

  • エージェント
    管理・監視対象ノードを意味します。サーバーへインストールするソフトウエアではありません。
  • モジュール
    エージェントにおける、情報収集項目や監視項目を意味します。

    • ローカルモジュール
      情報収集・監視対象にインストールされているソフトウエアエージェントのプログラムから呼び出される処理により、エージェントローカルで情報収集や監視を行っている項目を意味します。
    • リモートモジュール
      監視サーバから(ping、http、snmp応答など)ポーリングにより情報収集や監視を行っている項目を意味します。

監視項目関連

Pandora FMS Enterprise SaaS では、ウェブコンソール上での状態表示と、メール等で障害連絡を行う処理を別々の用語で定義しています。それぞれ次の通りです。

  • イベント
    情報収集(モニタリング)項目や監視システム自体の動作等において、状態が変化したときにウェブコンソール上に通知(表示)されるものをこのように呼んでいます。 メールで通知される障害連絡ではありません。
  • アラート
    メールや自動音声電話などで障害通知される項目(や設定)を意味しています。

ご相談・お問い合わせはこちらから

サービスについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5946-8400 平日 10:00 - 18:00
page top