お問い合わせ
資料請求

標的型攻撃メール訓練

標的型攻撃で被害を出さないためのセキュリティ訓練

標的型攻撃メール訓練

本サービスはアイテック阪急阪神株式会社により提供されます。(サービス提供会社についてはこちら

標的型攻撃による情報流出被害は、引き続き拡大

実在や架空の組織や人物に成りすまし、ウイルス付きのメール、もしくは、ウイルスに感染させるためのURL付メールを特定の企業や個人に送付する標的型メール攻撃。ウイルスに感染したメール開封者のPCを足掛かりにネットワーク内で感染を拡大し、企業の機密情報や重要情報を搾取する被害が発生しています。(「情報セキュリティ10大脅威 2017」IPAより)

標的型攻撃について、社内で認知されていない

  • 標的型攻撃メールの被害と対策について社内に周知するも、社員に認知されにくい
  • 標的型攻撃メールの攻撃手法を社内に周知しても、社員が攻撃メールを見抜けない
  • 継続的に社員訓練を行いたいが、自社で実施するには負担が大きい

実際に模擬攻撃メールを定期送付することで、
社員の攻撃に対する知識を向上させ、不審なメールを見抜く力を高めます。

サービス提供会社についてはこちらから

標的型攻撃メール訓練 サービス概要

訓練の流れ

訓練の流れ
  • 1
    当社所持ドメインアドレスを送信者として、 模擬標的型攻撃メールを訓練対象者へ送信します。
    (表示名を「システム担当者」などに変更可能)
  • 2
    訓練対象者がメールを受信します。
  • 3
    メール本文のURLクリックや添付ファイルを開封した場合、 訓練用WEBサーバーにアクセスログが記録されます。
    一定期間経過後、種明かしメールを送信します。
  • 4
    訓練用WEBサーバに記録されたアクセスログを集計して、お客様へ報告いたします。

事前準備

  • 訓練対象者のメールアドレスを決定します。
  • 送信メール形式を決定します。(例:テキスト形式で本文にURLリンク記載など)
  • 模擬標的型攻撃メールの件名、本文、送信日を決定します。
  • 種明かしメールの件名、本文、送信日の決定します。
  • アクセスログ集計日を決定します。

集計結果

  • メール本文のURLクリックや、添付ファイル開封件数を集計します。
  • 集計結果では、アクセスしたメールアドレスを特定することができます。
  • ※1 インターネットへのアクセスができない環境でURLをクリックされると、正しく集計できません。
  •          
  • ※2 サンドボックス型セキュリティ製品等を導入されている場合、正常な訓練、開封者集計ができない場合があります。

料金

お問い合わせください。

提供会社

アイテック阪急阪神株式会社

アイテック阪急阪神株式会社は、サーバホスティング・ハウジング、セキュリティ、独自ブランドの接続サービス、eコマースやWebサイト制作などのWebソリューションを始め、仮想化ソリューション、交通関連システム、ビル関連システム、医療・ヘルスケア、エネルギー・ケーブルソリューション、組み込みシステム開発といった幅広いサービスをご提供しています。

サービスへのお問い合わせ

標的型攻撃メール訓練サービス に関しての詳細情報をご希望の場合は、
お問い合わせフォームまたは下記電話番号よりご連絡ください。

03-5946-8405

お問い合わせはこちら
page top