お問い合わせ
資料請求

障害一次対応自動化 OpsAutomation

OpsAutomationとは

OpsAutomation とは、障害通知メールを受信、メール内容確認・一次切り分け、稼働確認、メール・電話での通知、レポート起票までを自動化する仕組みをSaaSでご提供いたします。

OpsAutomation (オプスオートメーション)とは OpsAutomation (オプスオートメーション)とは

こんなお悩みをお持ちのお客様へ

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
監視システムからの大量のメールを確認するのは大変。誤報も多い!
緊急度・重要度の高い通知メールが埋もれて、障害復旧の初動が遅れる。
メール確認・切り分け・優先順位づけを人に頼り、ヒューマンエラーも多発している。
こんなお悩みをお持ちのお客様へ こんなお悩みをお持ちのお客様へ
270

アールワークスの
「障害一次対応自動化(OpsAutomation)」で、
解決しましょう!

4つのメリット

  1. メリット1

    障害一次対応プロセスを
    自動化

    大事な通知を抽出、稼働確認から、エスカレーションまで自動化。人的エラーを未然に防ぎ、人的工数を削減します。

  2. メリット2

    柔軟な条件設定
    (フィルタ・通知)

    メール振り分け条件は、ヘッダ情報、メール本文、単位時間あたりのメール受信数などの複数の条件・ルールを設定可。通知メールのテンプレート(雛型)も使い分けできます。

  3. メリット3

    既存の監視システムを
    そのまま利用

    障害通知メールを起点としているため、既存の監視システムをそのままご利用いただけます。SaaS でのご提供なので、特別な運用自動化ツールも要りません。

  4. メリット4

    インシデントデータを蓄積
    運用改善に活かせます

    障害通知メール受信から、切り分け、通知までの重大事故につながりかねないインシデントデータを時系列に蓄積、問題点の抽出と運用改善に活かすことができます。

導入効果

月間数十万通のアラートメールが発生する大規模システムに採用され、アラートメールの9割以上のフィルタリングに成功しました。

導入の背景

  • 24h体制を組み、運用担当者が全てのアラートメールを受信していた。
  • アラートメールの大半が緊急性の低い内容であった。
  • 重要度の高いメールを見落とす問題も発生していた。
  • 一次切り分けを可能な限り自動化して運用負荷を軽減したかった。

お客様の要求

  • Webシステムそのものが利益を生み出す仕組みであるため、抽出漏れは絶対に許されない。
  • 確実に、遅滞なく、正常/異常を判別し適切な連絡先にメールないし電話連絡を行えること。
  • 障害傾向の分析のために動作(ログ)レポートを日時単位で出力できること。

導入効果

  • OpsAutomation は9割以上のメールフィルタリングに成功。通知も自動化されたため24hの運用体制の負荷が大きく軽減された。
  • 動作(ログ)レポートにより迅速な運用管理プロセスの見直しが可能になった。
導入効果図

自動処理の流れ

自動処理の流れ 自動処理の流れ

Step1:メール受信処理

振り分け・自動通知対象候補となるメールを受信します。
受信したメールを、ヘッダや本文に応じて振り分ける処理をします。

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
Filter 1
受信メールのヘッダ情報
  • Toメールの宛先
  • Fromメールの送信元
  • Subjectメールのタイトル
受信メールの本文情報
  • Bodyメールの本文
Filter 2
単位時間当たりのメール受信数 Ex) 180秒間に5通同一メールを受信した場合に障害とみなす

Step2:稼働確認

Web API応答確認を実施する機能です。メールの振り分け結果に基づいて実際のサービスが障害状態にあるかどうかを確認するために実行する場合と、定期実行する場合の2種類があります。
Webシナリオ監視、さらにはスマートフォン(Android)実機を使った稼働確認 も行えます。(オプション)

Step3:自動通知処理

メールの振り分け結果や、稼動確認の結果に応じて障害内容を、メールや電話にて自動通知する機能です。マッチしたルールに従って宛先と文面を選ぶこともできます。

  • メール通知

    障害毎に定義された連絡先メールアドレス宛てに障害通知します。

  • 自動音声通知

    緊急度の高い障害は、定義された電話番号に自動通知します。第1担当者がコールに出ない場合には、第2担当者に連絡を行うなど、柔軟な設定が可能です。

  • メールテンプレート使い分け

    メールの雛型(テンプレート)は自由に定義できます。
    通知メールには、アラートの一部を切り取って埋め込むことも可能です。

    メールテンプレート使い分け

Step4:レポート自動起票

レポート自動起票

本システムが処理した内容を、ルールごとに時系列で、自動起票します。

「いつ」「どのサーバーで」「どのような障害が起き」「誰に」「どの程度の頻度で」通知がされたのか、インシデントデータを分析することで、システム運用の問題点の抽出と改善に活かすことができます。

レポートは、お客様専用のポータルサイトから常時参照いただけます。

導入フロー・サポート

導入フェイズ、運用フェイズの両方でサポートが可能です。

導入フロー・サポート 導入フロー・サポート

料金

※表記金額はすべて税抜です。

初期費用

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
項目 内容 費用
検証環境用意 テスト導入打合せ 無料
通知メール一覧からの通知パターン(メールの種類)数の確認、
ルール数見積もり
サンプル振分けルール導入(10ルールまで)
環境準備 システム基盤準備
受信メールアドレス準備
情報共有ポータル準備
初期基本設定 メール文面設定
電話文面設定
通常連絡先設定
緊急連絡先設定
オプション メール振り分けルールファイル作成(40ルールまで) 400,000円

月額利用料

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
項目 内容 費用
OpsAutomation利用料 OpsAutomation基本機能提供
  • メール振り分け機能(ルール・シナリオ登録40まで)
  • 稼働確認機能
  • 自動通知、レポート機能

ポータルサイト経由での問い合わせ対応(10件/月まで)
192,000円
追加ルール・シナリオ登録(追加10毎) 48,000円

【前提条件】

  1. 受信メールアドレス数:1(追加の場合、1万円/月加算)
  2. 標準メール処理数:20,000通/月まで(追加の場合、10,000通/月ごとに、1万円/月加算)
  3. 自動電話通知件数:1基本機能につき100件/月まで(それを超えた場合は、60円/件で精算)
  4. 人的サポート:10件/月まで(それを超えた場合は、5,000円/件で精算)
  5. 最短契約期間:3か月間(その後は1か月ごとの自動更新)

運用支援サービス

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
項目 内容 費用
OpsAutomation利用料 ルールの追加(作成、設定) 10,000円/ルール
ルールの修正、削除 5,000円/ルール
メール送信先の変更 5,000円/件

よくあるご質問

導入、運用のサポートをお願い出来ますか?

はい、別途契約になりますが、お客様のご要望により対応させていただきます。
ルール作成・追加・変更・削除などの業務を受託可能です。

障害対応まで自動化、または、代行をお願いできますか?

システム運用監視サービスをご契約いただけると、プログラムによる自動復旧、及び、エンジニアによる障害対応をご提供いたします。

サービスの実績・信頼性は?

2013年のサービス開始依頼、毎月数十万通の障害通知メール処理を無停止で提供しています。

導入までの費用はどのくらいかかりますか?

SaaSですので、初期に特別な費用は発生しません。ハードウェア・ソフトウェアの用意も必要ありません。お客様固有の振り分けルールの作成・設定を当社に依頼された場合のみ、費用が発生します。お客様自身で作成し、設定することも可能です。

月額費用は変動しますか?

障害通知メール2万通、自動電話通知100件までは、月額 \192,000 (税抜)で固定です。殆どのお客様は、この範囲で対応しています。

契約期間の縛りはありますか?

最初は、3か月間となります。その後は1か月ごとの自動更新となります。終了1か月前までに解約の通知を頂ければ、解約に際し費用は発生しません。

各種資料・お問い合わせのご案内

OpsAutomationに関する資料を、以下よりダウンロードできます。
本サービスに関しての詳細情報をご希望の場合は、お問い合わせフォームまたは下記電話番号よりお問い合わせください。

03-5946-8405

利用約款(PDF)ダウンロード お問い合わせはこちら
page top