お問い合わせ
資料請求

Pandora FMS を使って DELL 製サーバのハードウエア状態を監視する

弊社では、様々なお客様が所有するサーバやネットワーク機器・クラウド上の仮想サーバなどを、Pandora FMS Enterprise SaaS を使って監視しています。お客様のサービスを 24 時間 365 日安定して稼働させるために、監視ポイントをご提案する機会も多いのですが、今回はその中から DELL 製サーバのハードウエア監視手法をご紹介します。

以降、対象サーバにPandora FMS ソフトウエアエージェントがインストールされており、かつ既に Pandora FMS の監視対象になっていること前提条件として記載しております。Pandora FMS サーバの構築方法や、Pandora FMS ソフトウエアエージェントのインストール方法については、Pandora FMS 管理者ガイドに書いてありますので、こちらをご確認ください。

監視手法について

筐体や世代によって違いはありますが、DELL 製サーバのハードウエア情報は、おおむね以下に示す方法のどれかで取得できます。

  • iDRAC(integrated Dell Remote Access Controller) に対する SNMP 問い合わせ および SNMP Trap 受信
  • iDRAC の Web インタフェースから、情報を取得する
  • OMSA(OpenManage Server Administrator) に対する SNMP 問い合わせ および SNMP Trap 受信
  • OMSA の Web インタフェースから、情報を取得する
  • OMSA に同梱されるコマンドを使い、情報を取得する

iDRACとOMSAの詳細については、DELL 社のホームページに掲載されていますので、ご確認ください。

本稿では、Pandora FMS ソフトウエアエージェントとの親和性、監視経路上のセキュリティ確保などを考慮し、最後に例示した「OMSA に同梱されるコマンドを使って情報を取得する」方法をご紹介します。

1. OMSA をインストール

監視対象サーバに OMSA がインストールされていない場合、インストールします。
以下の URL より OMSA およびインストール・設定手順書を入手し、監視対象の DELL 製サーバにインストールしてください。
http://www.dell.com/support/article/uk/en/ukdhs1/SLN289506/JA

2. OMSA の動作確認

OMSA をインストールすると、 omreport コマンドを使ってサーバのハードウエア情報を取得できるようになります。監視設定の前に、コマンドプロンプトやターミナルから実際にコマンドを実行してみてください。
以下に実行例を示します。

2.1. ケース内ファンの状態・回転数

Probe Name で特定されるファンの状態が Status に、回転数が Reading に示されます。 Reading の値を Pandora FMS で収集すれば、ファン回転数の推移をグラフで確認できます。
複数個のファンが搭載されていれば、それぞれのファンごとに回転数や状態を取得できます。

# omreport chassis fans
Fan Probes Information

Main System Chassis

Index : 0
Status : Ok
Probe Name : System Board FAN 1 RPM
Reading : 1800 RPM
Minimum Warning Threshold : [N/A]
Maximum Warning Threshold : [N/A]
Minimum Failure Threshold : 840 RPM
Maximum Failure Threshold : [N/A]

2.2. システム温度

Probe Name で特定されるポイントの温度が閾値内にあるかどうかが Status に、収集した温度が Reading に示されます。 Reading の値を Pandora FMS で収集することで、システム温度の推移をグラフで確認できます。

# omreport chassis temps
Temperature Probes Information

————————————
Main System Chassis Temperatures: Ok
————————————

Index : 0
Status : Ok
Probe Name : System Board Ambient Temp
Reading : 25.0 C
Minimum Warning Threshold : 8.0 C
Maximum Warning Threshold : 42.0 C
Minimum Failure Threshold : 3.0 C
Maximum Failure Threshold : 47.0 C

2.3. 電源ユニットの状態

電源ユニットの状態を示します。Status が Ok なら問題ないと判断します。 電源が冗長化されていなければ、監視しても意味がありません。

# omreport chassis pwrsupplies
Power Supplies Information

————————————–
Main System Chassis Power Supplies: Ok
————————————–

Individual Power Supply Elements

Index : 0
Status : Ok
Location : PS1 Status
Type : AC
Rated Input Wattage : 666 W
Maximum Output Wattage : 550 W
Firmware Version : 07.15.7E
Online Status : Presence Detected
Power Monitoring Capable : Yes

Index : 1
Status : Ok
Location : PS2 Status
Type : AC
Rated Input Wattage : 666 W
Maximum Output Wattage : 550 W
Firmware Version : 07.15.7E
Online Status : Presence Detected
Power Monitoring Capable : Yes

2.4. CPU 状態

物理 CPU のそれぞれについて、 Status が Ok かどうかを確認します。 CPU が 1 つしかないサーバは、この値を監視しても意味がありません。

# omreport chassis processors
Processors Information

Health : Ok

Index : 0
Status : Ok
Connector Name : CPU1
Processor Brand : Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1230 V2 @ 3.30GHz
Processor Version : Model 58 Stepping 9
Current Speed : 3300 MHz
State : Present
Core Count : 4

2.5. メモリモジュールの状態

メモリモジュールごとの状態を監視します。 Connector Name のスロットに刺さっているメモリの状態が Status に出ます。 Status が Ok 以外になったら障害と判断します。
Type が Not Occupied となっているスロットには、メモリが刺さっていません。

# omreport chassis memory
Memory Information

Health : Ok

Attributes of Memory Array(s)

Attributes of Memory Array(s)
Location : System Board or Motherboard
Use : System Memory
Installed Capacity : ***** MB
Maximum Capacity : ***** MB
Slots Available : **
Slots Used : **
Error Correction : Multibit ECC

Total of Memory Array(s)
Total Installed Capacity : ***** MB
Total Installed Capacity Available to the OS : ***** MB
Total Maximum Capacity : ***** MB

Details of Memory Array 1
Index :
Status : Unknown
Connector Name : BANK 0/DIMM A2
Type : [Not Occupied]
Size :

Index : 0
Status : Ok
Connector Name : BANK 1/DIMM A1
Type : DDR3 – Synchronous Unregistered (Unbuffered)
Size : ***** MB

Index :
Status : Unknown
Connector Name : BANK 2/DIMM B2
Type : [Not Occupied]
Size :

Index : 1
Status : Ok
Connector Name : BANK 3/DIMM B1
Type : DDR3 – Synchronous Unregistered (Unbuffered)
Size : ***** MB

2.6. ストレージの状態

ストレージコントローラを指定し、そのカードに接続されているストレージの状態を示します。 仮想ディスク、物理ディスク、ストレージコントローラのバッテリなど、関連情報をまとめて表示してくれます。

# omreport storage controller
Controller ******** (*******)

Controllers
ID : 0
Status : Ok
Name : ********
Slot ID : ********
State : Ready
(以下省略)

# omreport storage controller controller=0
Controller ******** (*******)

Controllers
ID : 0
Status : Ok
Name : ********
Slot ID : ********
State : Ready
[…]

Connectors
ID : 0
Status : Ok
Name : Connector 0
State : Ready
Connector Type : SAS Port RAID Mode
Termination : Not Applicable
SCSI Rate : Not Applicable

ID : 1
Status : Ok
Name : Connector 1
State : Ready
Connector Type : SAS Port RAID Mode
Termination : Not Applicable
SCSI Rate : Not Applicable

Virtual Disks
ID : 0
Status : Ok
Name : Virtual Disk 0
State : Ready
Hot Spare Policy violated : Not Assigned
Encrypted : No
Layout : RAID-1
Size : ***.** GB (************ bytes)
Device Name : /dev/sda
Bus Protocol : SAS
Media : HDD
Read Policy : Adaptive Read Ahead
Write Policy : Write Back
Cache Policy : Not Applicable
Stripe Element Size : 64 KB
Disk Cache Policy : Disabled

Physical Disks
ID : 0:1:0
Status : Ok
Name : Physical Disk 0:1:0
State : Online
Power Status : Spun Up
Bus Protocol : SAS
Media : HDD
Device Life Remaining : Not Applicable
Failure Predicted : No
Revision : ****
Driver Version : Not Applicable
Device Life Status : Not Applicable
Model Number : Not Applicable
Certified : Yes
Encryption Capable : No
Encrypted : Not Applicable
Progress : Not Applicable
Mirror Set ID : Not Applicable
Capacity : ***.** GB (************ bytes)
Used RAID Disk Space : ***.** GB (************ bytes)
Available RAID Disk Space : ***.** GB (************ bytes)
Hot Spare : No
Vendor ID : ***********
Product ID : ***********
Serial No. : *******
Part Number : ***********************
Negotiated Speed : 6.00 Gbps
Capable Speed : 6.00 Gbps
Device Write Cache : Not Applicable
Manufacture Day : **
Manufacture Week : **
Manufacture Year : ****
SAS Address : ***************

ID : 0:1:1
Status : Ok
Name : Physical Disk 0:1:1
State : Online
Power Status : Spun Up
Bus Protocol : SAS
Media : HDD
Device Life Remaining : Not Applicable
Failure Predicted : No
Revision : ****
Driver Version : Not Applicable
Device Life Status : Not Applicable
Model Number : Not Applicable
Certified : Yes
Encryption Capable : No
Encrypted : Not Applicable
Progress : Not Applicable
Mirror Set ID : Not Applicable
Capacity : ***.** GB (************ bytes)
Used RAID Disk Space : ***.** GB (************ bytes)
Available RAID Disk Space : ***.** GB (************ bytes)
Hot Spare : No
Vendor ID : ***********
Product ID : ***********
Serial No. : *******
Part Number : ***********************
Negotiated Speed : 6.00 Gbps
Capable Speed : 6.00 Gbps
Device Write Cache : Not Applicable
Manufacture Day : **
Manufacture Week : **
Manufacture Year : ****
SAS Address : ***************

Battery
ID : 0
Status : Ok
Name : Battery 0
State : Ready
Recharge Count : Not Applicable
Max Recharge Count : Not Applicable
Predicted Capacity Status : Ready
Learn State : Not Applicable
Next Learn Time : Not Applicable
Maximum Learn Delay : Not Applicable

Enclosure(s)
ID : 0:1
Status : Ok
Name : Backplane
State : Ready
Connector : 0
Target ID : Not Applicable
Configuration : Not Applicable
Firmware Version : 1.00
Downstream Firmware Version : Not Applicable
Service Tag : Not Applicable
Express Service Code : Not Applicable
Asset Tag : Not Applicable
Asset Name : Not Applicable
Backplane Part Number : Not Applicable
Split Bus Part Number : Not Applicable
Enclosure Part Number : Not Applicable
SAS Address : ****************
Enclosure Alarm : Not Applicable

3. Pandora FMS ソフトウエアエージェントへの登録

通常の監視項目と同じように、監視項目を一つ一つ module_begin/module_end で登録してもよいのですが、おそらく手間ばかりかかり大変かと思います。
弊社では、監視対象を自動的に選出し、必要な情報のみを抽出する監視プラグインを作成いたしました。Pandora FMS jp 監視プラグインライブラリに登録していますので、是非ダウンロードして使ってみてください。

pandorafms.com のサイトにあるモジュールライブラリは、全世界共通で使ってもらうことを想定しているため、モジュール名や説明欄が英語で書かれています。Pandora FMS jp 監視プラグインライブラリには、日本国内で使ってもらえるよう、モジュール名や説明欄に日本語を定義したプラグインを登録していますので、まずはこちらへアクセスしてみてください。

3.1. Linux OS 向け

  1. お手元のブラウザで http://pandorafms.jp/library にアクセスし、guest/guest でログインします。
  2. agent_plugin/unix ディレクトリに移動。
  3. dell_chassis_status.gz と dell_storage_status.gz をクリックし、ダウンロードします。
  4. 入手したファイルを展開し、ソフトウエアエージェントのプラグイン保存場所に設置。
  5. pandora_agent.conf に以下の 2 行を追加してソフトウエアエージェントを再起動すれば、監視対象にできます。
    module_plugin dell_chassis_status
    module_plugin dell_storage_status

3.2. Windows 系 OS 向け

  1. お手元のブラウザで http://pandorafms.jp/library にアクセスし、guest/guest でログインします。
  2. agent_plugin/Windows ディレクトリに移動。
  3. hw_dell.vbs と hw_dell_pdisk.vbs と hw_dell_vdisk.vbs をクリックし、ダウンロードします。
  4. 入手したファイルを、ソフトウエアエージェントのプラグイン保存場所に設置。
  5. pandora_agent.conf に以下の 3 行を追加して Pandora FMS Agent サービスを再起動すれば、監視対象にできます。
    module_plugin cscript.exe //B "%ProgramFiles%\Pandora_Agent\util\hw_dell.vbs"
    module_plugin cscript.exe //B "%ProgramFiles%\Pandora_Agent\util\hw_dell_pdisk.vbs"
    module_plugin cscript.exe //B "%ProgramFiles%\Pandora_Agent\util\hw_dell_vdisk.vbs"

4. 閾値およびアラートの設定

監視対象にすると、ハードウエアの稼働状況が Pandora FMS コンソールに表示されます。
その他の監視項目と同様、必要に応じて閾値やアラートを設定してください。

プラグインの使い方などで疑問があれば、弊社お問い合わせ窓口へご質問頂くか、Pandora-jp メーリングリストへ参加の上、メーリングリストへお問い合わせください。

関連するコンテンツ

ご相談・お問い合わせはこちらから

サービスについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5946-8400 平日 10:00 - 18:00
page top