Service&Product

クラウド構築サービス

ファイルサーバーのクラウド移行により、運用管理コストとデータ損失のリスクを極めて低く抑えることができる環境を実現します。

このようなお悩みをお持ちの方におすすめです

  • オンプレミスファイルサーバーのEOL等により、クラウド環境へのリプレイスを検討している
  • 物理環境の運用を廃止し、クラウド化を検討している
  • 適切なファイルサーバーのバックアップを行い、有事の際にも備えたい
  • 既存Active Directoryでのアクセスコントロールを継続利用して運用を行いたい

アールワークスが、要件定義・クラウドサービスの選定・構築・移行を一括代行いたします。

解決策:Azure Filesでのファイルサーバー構築、Azure ADを用いた認証による既存ADの活用

Azure Filesを用いることでマネージド型のファイルサーバーの構築が可能。Microsoft社が基盤運用を行うため、お客様でのHW保守が不要になる。

Azure Backupを用いることで、バックアップの定期取得も容易に可能となる。

オンプレミスADの情報をAzure AD Connectを利用することでAzure ADと同期し、社内システムのアクセスも同一のアカウントで管理が可能。

推奨するクラウド構成例・構築料金

※お客様のご要件によって、構成・設定は変更になる場合があります。

Azure 構成例

Azureでの構成例

利用するサービス

本構成のメリット

  • オンプレミスADとAzure ADを組み合わせることで、従来のオンプレミスファイルサーバーと同じ使用感で、利用することができます。
  • Azure Filesはフルマネージドのサービスのため、セキュリティアップデートのような運用コストがなく、利用する容量の制限もないため、キャパシティプランニングが不要です。
  • 自動でレプリケーションされるため、データの損失リスクが極めて低く抑えることができます。
  • Azure Backupと連携することで、商用ツールを利用することなくバックアップの取得が可能です。
  • オンプレミスADとAzure ADが同期されるため、ユーザー追加等の管理はオンプレミスADのみの変更で済むため、管理の手間も現状と同じように利用できます。
  • 利用ユーザーは同一のアカウント情報でサインインできるため、生産性の向上も見込むことができます。

ご提案のポイント

  • Hybrid ID の導入にあたっては多くの前提条件があります。これらを満たしているか、お客様の環境をチェックします。
  • ドメインの不一致により同期条件を満たさない場合は、マイクロソフト推奨の方法で対処します。
  • パスワードライトバック、シームレスシングルサインオン、Hybrid AD Join などの同期オプションを選択していただけます。
  • VPN + プライベートエンドポイントの構成により、Azure Files にセキュアにアクセスできるようにします。
  • Azure Backup によりファイルのバックアップ・リストアができるようにします。
  • お客様のご要望に合わせて、適切な条件付きアクセスポリシーを提案します。
  • 引き渡し後もシステム管理者の方が運用できるよう、オンラインでレクチャーをします。

クラウド構築料金・構築内容

アールワークスが構築・設定を代行する場合の構築料金

構築
料金
588,000円

※税抜き表示です。

構築内容

構築内容 作業範囲
Hybrid ID 事前準備
  • カスタムドメイン設定
  • Hybrid ID 前提条件の確認
  • UPN サフィックスの変更 (Hybrid ID 前提条件を満たしていない場合)
Azure AD Connect 設定
  • Azure AD Connect インストール
  • 同期設定
  • 追加オプション設定
    • ・シームレスシングルサインオン
    • ・パスワードライトバック
    • ・Hybrid AD Join
Azure Files 構築
  • ストレージアカウント構築・設定
  • AD DS 認証設定
  • プライベートエンドポイント作成
  • ログ保存設定
Azure Backup 設定
  • Azure Files ファイルバックアップ設定
VPN 設定
  • 仮想ネットワークゲートウェイの作成
  • VPN 接続支援
納品物
  • パラメータシート作成

※ Azure AD Connect となるサーバはお客様にて用意していただく必要があります。
※ Azure AD 上に存在する既存ユーザとのマッチングはできません。
※ 認証方式は、パスワードハッシュ方式での提供となります。
※ シームレスシングルサインオンに必要なグループポリシーの設定はお客様にて実施いただきます。
※ Azure Files にアクセスするためには、お客様環境に DNS 解決の仕組みが必要です。
※ Azure Files へのフォルダ作成、及び、データ移行は別途見積となります。
※ 上記以外のケースをご要望の場合でも対応可能です。ご相談ください。

クラウド構築オプション

項目 作業範囲 料金
1) 条件付きアクセス設定
  • ポリシー設定
    • ・ヒアリング
    • ・ポリシー設計
    • ・ポリシー作成
    • ・グループ割り当て
180,000円
2) オンラインレクチャー
  • Web ミーティングにて1~1.5時間程度のレクチャーを行います。
    • ・構築した環境の説明
    • ・ユーザの追加・削除方法
    • ・ファイルサーバ アクセス方法
    • ・ファイルのバックアップ・リストア方法
    • ・条件付きアクセスポリシー作成方法 (オプション契約時のみ)
96,000円

※ 条件付きアクセスポリシーのご利用には、Azure AD の P1 プラン以上が必要です。
※ 弊社が用意したサンプルポリシーを元に、お客様の要件に合わせてポリシーを策定いたします。最大10ポリシーまでの作成となります。
※料金は、税抜き表示です。

クラウド移行・クラウド運用オプション

クラウド移行

既存システムの調査、移行時のお客様サービスへの影響度合いや必要なスペックの検証、要件定義、移行作業、稼働確認までを、一貫した流れで実施いたします。

クラウド運用設計、監視・障害対応の代行

クラウド運用の設計、監視・障害対応代行、セキュリティ管理、構成管理、クラウド運用改善までをフルサポートいたします。

Free

資料ダウンロード

課題解決に役立つ詳しいサービス資料はこちら

資料ダウンロード
  • クラウド構築サービスカタログ

    クラウド構築サービスのメニューと料金をご確認いただけます。

Contactお問い合わせ

お見積もり・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。