Azure Managed Service Column <Azure運用コラム>

Azure Storage とは

Category: 実践編

2020.10.14

はじめに

今回は、Azure のストレージサービスについて紹介します。

ストレージサービスはクラウドの根幹をなすサービスであり、どこのクラウドでも提供しているサービスです。 Azure でも「Azure ストレージ」というストレージサービスを提供しており、既にご利用の方も多いかと思います。 しかし、Azure ストレージは複数のストレージサービスを提供するプラットフォームであることをご存知無い方も多くいらっしゃるかもしれません。

本コラムでは、「プラットフォームとしての Azure ストレージ」という視点で各サービスを紹介することで、系統的な理解の手助けになればと思います。各サービスの詳細については、次回以降のコラムで順次紹介していきます。

4つのサービス概要

ユーザはまず初めに、ストレージアカウント を作成する必要があります。これはユーザが確保できるストレージ領域のようなもので、ここに様々なデータを保存することができます。ストレージアカウントが作成されると、以下の4つのサービスを利用することができます。

  • Azure Blob
  • Azure ファイル
  • Azure キュー
  • Azure テーブル

Azure Blob は、ストレージにブロック BLOB と呼ばれるデータを保存します。ブロック BLOB というのは画像やテキストなどのいわゆるファイルのことです。一般に、Azure ストレージといったら、これを指すことが多いと思います。

Azure ファイルは、ファイル共有機能です。Azure ストレージを仮想マシンに SMB でマウントし、ファイルサーバのように利用することができます。

Azure キューは、ストレージにメッセージキューを保存します。キューサービスとして利用することができます。

Azure テーブルは、ストレージに構造化された NoSQL データを保存します。NoSQL データベースとして利用することができます。

Azure の公式ドキュメントでは、これに加えて「Azure ディスク」もストレージサービスの1つとして紹介されています。Azure ディスクとは、仮想マシンのディスクのことです。ただ、その他4つのサービスとは異なり、ストレージアカウントを作成する必要はないため、本コラムでは別扱いとします。(注釈1 : マネージドディスクと非管理ディスク)

まずは、ストレージアカウントを作ってみる

まずは試しに、ストレージアカウントを作ってみましょう。

Azure ポータルから [ストレージアカウント] の画面を開き、[追加] ボタンをクリックします。

[基本] 画面にて設定を入力します。[ストレージアカウント名] には、Azure 内で一意な名前を指定する必要があります。 また、[レプリケーション] では冗長化レベルを細かく指定することができます。もちろん、冗長化レベルが高いほど、料金がかかります。今回はテスト目的ですので、”ローカル冗長ストレージ” を指定します。

[ネットワーク] では、ストレージアカウントに対するネットワークアクセスを指定します。どこからでもアクセスさせることも、特定の IP アドレスのみからアクセスさせることも、Azure 内の VNet からのみアクセスさせることも可能です。今回は、誰でもアクセスできるように [パブリック エンドポイント] を指定します。

[データ保護] 及び [詳細] については、次回以降のコラムで紹介します。今回はデフォルトのままスキップしましょう。最後に、[作成] をクリックして、完了です。

次回以降のコラムでは、作成したストレージアカウントを利用して、それぞれのサービスについて詳細を紹介します。

注釈1 : マネージドディスクと非管理ディスク

2017年頃までは、仮想マシンを作成する際にもストレージアカウントが必要でした。つまり、ユーザが自分でストレージアカウントを作成し、そこから「ページ Blob」というデータを仮想マシン用のディスクとして割り当てていました。これが非管理ディスクです。(Azure が管理しないという意味での非管理です。)

しかし、マネージドディスクが登場してからディスクの管理は Azure に任せることができるようになり、ユーザはストレージアカウントを作成する必要も、意識する必要もなくなりました。(本文に戻る

Tag: Azure Storage

Contactお問い合わせ

お見積もり・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

single.php