お問い合わせ

システム運用体制の課題と解決アプローチ

システム運用をしていく中で出てくる2つの課題

システムを運用していく中で、一般的に以下の2つの課題があるといわれています。

  • 運用体制の課題
  • システムを維持する上での課題
    • 信頼性における課題
    • 安全性(物理/論理セキュリティ)を阻害する課題
    • 利便性を阻害する課題
    • 効率性を阻害する課題

当社は、お客様システムの運用の中で上記の課題が顕在化していないか、もしくは潜在していないかの視点を持ち、監視・運用設計を行います。

課題解決アプローチ

運用体制の課題と解決のためのアプローチ

システム運用業務は、アプリケーションやミドルウェア、OS、ハードウェアなどの多くの構成要素が複雑に絡み合ったシステムをミスなく継続的に運営していくストレス度の高い業務です。
標準化されていない、もしくは標準化はされているが標準化に沿って運営されなくなることで、管理が不十分になるケースもあります。
この場合では、運用を内部リソースで行っても、アウトソースを行っても、結果ブラックボックス化に陥り、 最終的に運用の統制が失われます。

当社は、このような課題を解決するためのアプローチとして、以下に記載する取り組みを実施します。

アプローチ例

  • 運用担当者様の業務配分を分析し、運用稼働時間における問題点を洗い出します。
  • データセンタ事業者や機器ベンダー、アプリケーションベンダーに運用の一部を委託している場合は、ベンダーからの日次/週次/月次レポート内に運用業務に必要な内容が記載されているかを確認します。
  • インソース/アウトソースに関係なく、運用に関わるインシデント管理が行われているか、管理内容が適切かを確認します。
  • その他、お客様の現状運用状況に応じた分析を行います。

システムを維持する上での課題と解決のためのアプローチ

システムの安定運用を図るためには、信頼性・安全性・利便性・効率性の観点で、これらを阻害する要因を分析し、解決していく必要があります。

当社は、信頼性・安全性・利便性・効率性を阻害する課題を解決するためのアプローチとして、以下に記載する取り組みを実施します。

アプローチ例

※「下記表は指でスライドさせてご覧いただけます。」
課題 アプローチ例
信頼性における
着眼点の一例
冗長性データ保全
  • 単一障害点はどこにあるか、単一障害点に障害が発生した場合の影響度はどうか
  • バックアップは定期的に実施されているか、バックアップに関する明確なルールや、障害発生時のリカバリを考えた運用がされているか
  • システムに障害が発生し、リストアによる復旧を実施した場合、現時点のサービスレベルへ戻すための必要なデータがバックアップされているか
等々
障害検知
  • 死活監視やハードウェア監視が行われていない機器はないか
  • サービス監視は実施されているか
  • システム全体、個別システム、個別機器に適合した監視項目が設定されているか
  • 障害は利用ユーザの申告によって検知することが多くないか
等々
情報の管理・維持
  • システムの改修・変更と合わせて、各種設計書やドキュメント更新がされているか
  • メンテナンス手順や障害対応手順が、文書化もしくはWEB化されているか
  • 前述の手順が、現実に即したものとなっているか
  • その他、利便性における課題の一例に記載したものも含む
等々
安全性における
着眼点の一例
物理的セキュリティ
  • 利用データセンタやクラウドサービスのTierレベルはいくつか
  • データセンタへの入室制限は適切に行われているか
  • 入退室の履歴は保持しているか
等々
論理的セキュリティ
  • システムへのアクセス制御、認証は、役割に合わせて正しく設定されているか
  • セキュリティ脆弱性対応のパッチ適用ルールが取り決められているか
  • セキュリティパッチの適用作業が行われていないシステムは無いか
等々
利便性における
着眼点の一例
情報管理 システムを構成する以下の情報が管理されているか
  • ネットワーク機器やサーバー、インスタンス等の設定情報は管理され、変更都度更新されているか
  • アウトソース先の作業報告が管理されているか
  • 障害発生状況や対応状況がインシデント表として管理されているか
設備の耐用年数
  • ソフトウェア、ライセンスの更新は行われているか
  • ハードウェアの資産管理やリース管理は行われてるか
  • システムを構成するネットワーク機器やサーバ、インスタンスのリソース情報をモニターし、適切な更新やアップグレードを検討しているか
効率性における
着眼点の一例
作業手順
  • 作業を効率化するための手順が記されたマニュアル(操作手順書)の存在有無とその正確性
  • 上記マニュアルの検証と、作業効率・安全性を上げるための人的/自動オペレーションの振るい分け
窓口、連絡体制
  • 対象システムに介在する外部ベンダーを含めた連絡体制が明確化されているか
  • 連絡体制はインシデント毎に系列化されているか
  • 担当者(ならびに個別システムの管理者)への連絡を円滑に行える仕組みが存在するか

サービスへのお問い合わせ

システム運用代行に関する資料のご送付をご希望の方、
サービス内容についてのお問い合わせご希望の方は、
お問い合わせフォームまたは電話番号よりご連絡ください。

03-5946-8405

お問い合わせはこちら
page top