お問い合わせ
資料請求

Webシナリオ監視サービス Ver1.5.1 アップデート情報

概要

2017/07/27 にWebシナリオ監視サービスのアップデートを実施しました。主な変更点は以下の通りです。

  • 利用状況表示項目の追加、修正
    • 課金対象となる画面遷移数の表示機能
    • シナリオ登録上限数の表示機能
    • ログ保存期間を過ぎた実行履歴を表示しない
  • ユーザビリティの向上
    • ページ内ジャンプボタンの追加
    • ダイアログでの入力バリデーション強化
    • シナリオ実行履歴をソートした後に詳細を表示すると、ソートが解除される問題の修正
  • オンラインマニュアルの刷新

利用状況表示項目の追加、修正

課金対象となる画面遷移数の表示機能

課金対象となる画面遷移回数の累計を月毎に確認できるようになりました。当月分は、1日から直近の実行までの累計です。

  • シナリオ一覧の画面の右上側にある、画面遷移数アイコン をクリックすると、下記のページが表示されます。
    画面遷移数を表示したいエージェントの行をクリックすると、右横に月毎の画面遷移数が表示されます。
  • シナリオ詳細画面のサマリ領域には、詳細表示されているステップセットの画面遷移数が表示されます。
  • シナリオ詳細画面の実行履歴にも、実行ごとの画面遷移数が表示されます。

シナリオ登録上限数の表示機能

プラン参照のダイアログで、ご契約いただいているシナリオ登録数の上限数を表示するようになりました。

ログ保存期間を過ぎた実行履歴の非表示

これまで、Webシナリオ監視のサービスご利用開始日からすべてのログを保存しており、エクスポートした場合も全期間のログを出力するようになっていました。
長期間ご利用いただいているお客様ではログ出力が膨大になってまいりましたため、仕様上の保存期間(例えば 3か月分)を過ぎたログは表示しないよう変更いたしました。

ユーザビリティの向上

ページ内ジャンプボタンの追加

シナリオ詳細画面の、実行ログ領域と実行領域の間、および、実行履歴の行の末尾にジャンプボタンを設置しました。

 

ダイアログでの入力バリデーション強化

各ダイアログの必須入力項目には、項目名の右側に ”” マークを表示して入力チェックを行うようにしました。各ダイアログの処理ボタンは、必要な情報が全て入力された場合にのみクリック可能になります。

    • ステップセット追加のダイアログで処理を進めるには、”名前” と”テストケースファイル” の指定が必要です。これらが入力されていない場合 [追加]ボタンはグレーアウトしています。
    • 同ダイアログに”名前” と”テストケースファイル” を入力すると[追加]ボタンがクリック可能になります。

ソートとページネーションの状態の保持

シナリオ詳細画面にあるシナリオ実行履歴をソートした状態で詳細を表示すると、ソートが解除される問題を修正いたしました。

オンラインマニュアルの刷新

オンラインマニュアルを刷新いたしましたので、ご参照ください。
利用マニュアルは、やりたいことから探す “逆引きマニュアル” 構成にしました。
「クイックスタート」は初めてお使いになる方向けです。
Webシナリオ監視 マニュアル一覧

おわりに

今回のアップデートでは、ユーザビリティの向上に寄与する機能追加や修正が多く含まれています。これらの多くはお客様からのご要望により実現したものです。今後ともご遠慮なく機能改善についてのご意見、ご要望をお寄せいただければ幸いです。
Webシナリオ監視サービスの料金や導入フロー等は、Webシナリオ監視のサービス紹介ページに詳しく記載しています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

サービスについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5946-8400 平日 10:00 - 18:00
page top