Azure Managed Service Column <Azure運用コラム>

Azureとは?サービスの特徴や料金、他クラウドとの違いを解説!

Category: 入門編

2020.10.09

Microsoft社のAzureは、シェアを急激に拡大しており、後発のサービスながらトップのAWSを猛追しているサービスです。それだけにAzureのサービス内容や特徴について気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、Azureの概要・特徴・料金を紹介したのちに、AWS・GCPとの違いについて解説します。

Microsoft Azure(アジュール)とは?

Microsoft Azureは、マイクロソフト社が提供するクラウドサービスの総称です。まずは、業界内での立ち位置や具体的なサービス内容について見ていきましょう。

Azureはシェアを大きく伸ばしているサービス

Azureの正式運用スタートは2010年1月であり、2006年からサービスを運用しているAWSと比較すると後発のサービスという位置づけです。現状、業界でのシェアにおいてもAWSに後れを取っている状況ではありますが、伸び率はAWSが36.0%であるのに対してAzureは63.9%です。

2020年現在では、まだAWSがシェアを圧倒していますが、今後企業のクラウド利用がますます高まることを考えれば、パワーバランスが大きく変化する可能性も考えられます。

Azureは既存プラットフォームでの存在感が強み

Azureはクラウドサービスの分野でも非常に強い存在感を示しています。その要因として、世界各所に多くのサーバーを設置するといったハード面での強みの他に、既存のPC環境の構築において強い存在感を示していることが挙げられます。

改めて言及するまでもなく、マイクロソフト社はWindowsやOfficeなどを通じて既存システムにおいて他を圧倒しています。Azureは、これらの技術に基づいた連携の良さや企業とのつながりを活かして、クラウドサービスの分野でも存在感を高めているという状況です。

Azureで構築可能なサービスとしてはIaaS(クラウド上でインフラの構築が可能なサービス)とPaaS(クラウド上でプラットフォームの構築が可能なサービス)の二種類があります。

Azureの主なサービス

Azureの主なサービスを4つ紹介します。

Azure VM

Azure VMは仮想マシンです。Azure上に仮想のPCを手軽に作成して、アプリケーションを使用することができます。サービスの拡張や縮小も容易です。

Azure VNet

AzureのVMがインターネットやAzure上の他の仮想マシン、既存の自社サーバーと安全に接続するためのネットワークを構築できます。

Azure WEBSITES

Azureのサービスを利用してWebサイトを構築することもできます。レンタルサーバーのWebホスティング機能に相当します。

Azure Storage

Azure上にデータやファイルを保存できるサービスです。

Azureの3つの特徴

Azureのサービスが、どのようなサービスであるのかといった全体像を理解するために、Azureの特徴を理解していきましょう。

強靭なネットワーク

Azureは、高性能なコンピューターを多くのデータセンターに構築することで強靭なネットワークを構築しています。

Azureのコンピューターは、スパコンランキングTOP500にもランクインするほどの高性能です。また2019年には、AIの開発団体であるOPEN AIと、スパコンランキング5位に入る性能のコンピューターを共同開発しており「Build」にてサービス提供しています。

データセンターの数については、2020年9月時点にて、世界60か所以上にデータセンターを構築し、世界のユーザーに安全かつ迅速にサービスを提供しています。

オンプレミス(自社設置のサーバー)との連携が可能

Azureでは、オンプレミス(自社設置型のサーバー)との連携が可能である点も大きな特徴の一つです。オンプレミスとの連携は、AWSやGCPなどのクラウドサービスでも可能ですが、WindowsやOfficeのメーカーであるMicrosoftは、プラットフォームの構築という点で、より強みを発揮します。

高セキュアな環境

Azureは、高いセキュリティを保つために、さまざまな取り組みをおこなっています。

  • 安全な土台をつくるため、世界で3,500名のセキュリティ専門家がAzureのデータセンターやインフラ設備に対してセキュリティ対策を構築。
  • ID管理やアクセス権限の設定、ネットワークのセキュリティ保護など、セキュリティ保護に関連するサービスをAzure内にて提供。
  • 膨大なデータ(180億件のBingWebページ、4,000億件のメール、10億件のWindowsデバイス更新など)の分析により、最新のセキュリティリスクを分析し、脅威を迅速に発見。

これらの対策により、高いセキュリティを求める多くの企業でも、Azureが利用されています。

Azureの料金について

Azureは、AWSなどと同様に従量課金です。具体的には、Azureを利用してAzureからデータを送信する際に、データ量に応じて料金がかかります。データ容量の他、利用するOSやサーバーなどに応じて固定で費用がかかるサービスや利用時間に応じて料金が発生するサービスなどもあります。

料金体系がやや複雑であることと、使用した分だけ料金が発生する仕組みになっていることから使用しすぎに注意する必要がありますが、Microsoftのホームページで精度の高い見積もりをチェックして参考にすることもできます。

また、Azure Cost Managementを利用することで、一定の金額に達したらアラートを通知するように設定したり、費用の内訳を分析したりすることも可能です。

また、Azureは日本円での料金設定も可能です。料金設定そのものが日本円でされているため、為替レートの影響を受けることはありません。

AWSやGCPとの違い・比較

AWS/Azure/GCPの違い・比較
AWS/Azure/GCPの違い・比較

Azureは、AWSやGCPとはどのような違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴について簡単に紹介したうえで、比較のポイントを紹介します。

AWSとの比較

AWSは、長い歴史を持つ業界トップのクラウドサービスです。AWSは、提供するサービスの種類が豊富であり、中でもフロントエンドのサービスが多彩であるという特徴を持っています。

AWSもAzureも調査会社ガートナー社が毎年発表しているマジック・クアドラント(クラウドサービスの性能を評価した指標)において「リーダーシップ」を取得していることもあり、両サービスとも甲乙付けがたいという状況です。

実績や信頼性、サービスの多様性を重視する場合はAWS、プラットフォームとして既存システムとの連携や移行を重視する場合はAzureといったように、ニーズや現状の課題を踏まえてどちらが自社に適しているのかを検討するのがおすすめです。

GCPとの比較

GCPの大きな特徴としては、次の二点です。

  • Googleなどのデータや技術を活用したデータ解析や機械学習の機能に優れていること
  • コストパフォーマンスに優れていること

AzureとGCPに関しても、サービス機能の大半はほぼ同等であるため(ただし、厳密に機能の水準が等しいというわけではありません)、自社の用途やニーズから両者を比較検討、もしくは併用を検討することができます。

Microsoft製品を始めとした既存の自社のシステムとの連携や引継ぎに関してはAzureが優位であり、反対にビッグデータ解析などのAIの活用やまずは手軽にクラウドを利用してみたいという場合はGCPがおすすめです。

おわりに

この記事では、Azureの機能の概要について紹介しました。Azureは比較的、後発のクラウドサービスですが、既に10年以上の実績を持ち着実にシェアを伸ばし続けています。<・p>

特に、オンプレミスやマイクロソフト製品との連携の強さを活かしたプラットフォーム関連のサービスにAzureの強みがあります。<・p>

Azureの強みを業務に活用したい場合、無料で試験的に利用できる無料枠もあるので、まずはどのようにシステムを構築するべきかを考えたうえで、気軽に運用スタートされてみてはいかがでしょうか?

Tag: AWS/Azure/GCP比較

Contactお問い合わせ

お見積もり・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。

single.php