お問い合わせ

Webシナリオ監視に応答時間監視機能を追加します

概要

Webシナリオ監視サービスに、シナリオの応答時間監視機能を追加いたします。この機能追加で、シナリオ成功/失敗の判定に加えて、シナリオ実行の遅延をリアルタイムに検知できるようになります。実施は2019年3月下旬の予定です。

応答時間監視とは?

これまでの Webシナリオ監視サービス

Webシナリオ監視サービスは、Webサイトの死活監視にとどまらず、Webページの正常性を監視するサービスです。一般のユーザがWebブラウザでWebページを参照する操作を「シナリオ」として設定しておくと、監視システムが「シナリオ」を読み込み、設定された一連のブラウザ操作を自動で実行します。実行の結果、シナリオどおりの画面表示や画面遷移ができたら『成功』、そうでない場合は『失敗』の判定をします。そして、失敗した場合だけアラートの送信が行われます。

この時、シナリオの実行に時間がかかっても、シナリオが最後まで実行できれば成功の判定になり、アラートの送信もありません。したがって、もしページの表示に遅延が発生してユーザがしびれを切らしていても、システム管理者は気が付きません。

シナリオ実行の応答時間監視を行うと

シナリオ実行の応答時間の監視を行うと、シナリオ実行に成功していても、一定時間以上経過していた場合には遅延発生と判定できます。遅延と判定された場合にはアラートが発生するため、システム管理者はリアルタイムで遅延に気付くことができます。

遅延監視の設定とアラート

設定方法

設定は弊社にて行います。下記をご参考にしていただいて、ご希望の設定をお知らせください。

しきい値の設定

しきい値には、「警告状態」と、「障害状態」の2段階の時間設定が可能です。

アラート通知

アラートは、電子メール、自動電話、Slack、ChatWork、Line にて送信できます。
下記はメールでのアラート通知の一例です。文面はご要望により調整を承ります。

不具合修正

  • 約1分を超えるシナリオのタイムライン表示を右にスクロールすると、詳細表示のポップアップが表示されない場合がある問題を修正しました。

おわりに

Webシナリオ監視サービスの料金や導入フロー等は、Webシナリオ監視のサービス紹介ページに詳しく記載しています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちらから

サービスについてのご相談、資料のご請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5946-8400 平日 10:00 - 18:00
page top